×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガーターベルトの画像はつけ方が違うよ

ガーターベルトと聞くと、ちょっとエッチな感じがするかもしれません。

ガーターベルトの画像や動画を探している男性も多いみたいだし・・・ でも、ガーターベルトは、
結構、便利なものなのです。元々、ガーターベルトは、貴族の時代に長いストッキングを留めるために
着用していたもので、インナーの一部としてファッション性も追求されてきました。

なので、ガーターベルトはセクシーなものが多いですね。女性は隠れたおしゃれというのが好きなので、
ガーターベルトの愛用者も多いようです。ちなみに、勘違いされている人も多いのですが、
ガーターベルトはショーツの下につけるものです。カタログなどの画像では、見栄えを良くするために
ショーツの外に取り付けていますが、それではトイレに行くときに大変になってしまいます。

>>みんながチェックしているガーター商品

ガーターベルトとパンスト

ガーターベルトの機能的な利点は、パンストと呼ばれる一体型のストッキングと比べてみればいいと思います。

ガーターベルトは、ストッキングを吊り下げるために作られたので、もちろんショーツと一体化していません。なので、トイレに行ってもすぐにショーツを下ろすことができます。それに対して、パンストはトイレに行くときにひざ下まで脱がないといけないので大変です。

そして、ガーターベルトのもうひとつの利点は、パンストに比べて蒸れにくいということです。ショーツの周りを覆わないので、梅雨や夏場は重宝します。

また、これはなんとなくわかると思いますが、ガーターベルトをつけることによって「女性らしさ」が増します。これは見た目だけでなく、内面にも変化を与えます。

ガーターベルトの愛用者は、この辺りが、結構、癖になるようですよ。おしゃれをするものも楽しくなってくるようです。

ガーターベルトを通販で買うときに

ガーターベルトの種類はいろいろあって、おなかの下周りにガーターベルトを巻くタイプや腰の周り(ショーツよりも下)で巻くタイプなどがあります。

そしてガーターベルトに似たようなものに、ガーターリングがあります。これは、ストッキングの上部につけるベルトで、その締め付けでずりおちを防ぎます。でも、ガーターベルトに比べるとやっぱり落ちやすいです。

また、ヒップアップができるガーターベルトがあるというので調べてみたら、これはヒップアップブラというものでした。ストッキングを吊り下げる効果はありません。でも、ショーツをはいてない画像で紹介してあるので、ちょっとセクシーです。

あと、ガーターベルトの選び方なのですがは、ポイントはショーツ・ストッキングとセットで買うということです。ガーターベルトの通販サイトでは、画像つきで紹介されているので、いろいろとチェックしてみるといいですよ。

Copyright © 2007 ガーターベルトの通販